勝者の歴史

歴史は勝者によって作られる
現在の日本もそうだ

負けたから
今、生きている私たちは平和な時代を生きている
それを当たり前だと思ってしまう

でも、過去に今生きている自分の事を思っていた人がいるとしたら、、
とにかく戦争はダメだ絶対に反対だ
しかし歴史の中で戦争はあった
日本国内でもあった

戦争の話や映画などを見ても
その前には、日本でも戦国時代もあった
その時代のほうがもっとつらいことがあったと思う
でも、本質は変わらない

これからの自分の家族、地域、国、世界
が豊かに平和に暮らせるように
その想いがあったと思う
どっちにしても今の韓国の立場がよくわからない
その時代は、併合も国として認めたんじゃないの?
戦争の時は日本人として本気で戦った朝鮮人の人もいたと思う

それなのに、今になって、、、、、
もちろん、抗日というのはあったのだろうけど、その時代に
国としてそうしたのは事実だろ
それなのに未だにあの言いようは理解が出来ない

その当時、本気で真剣に日本の為に命を捧げた朝鮮の人もいたと思う
その人達の気持ちはどうなのか?

今の時代の価値観で考えるべきではない
その当時どうだったのか
戦争責任に朝鮮半島の人がまったくないというのはおかしいと思う
自分は平和な時代に生きているからその時代の事がわからない
でも、本当に戦争は絶対にダメだというのはわかる

誰も望んでいない
だからこそ隣国にそれを訴えるべきだ
休戦中の国とか、いまだに野心がある国とか
その国こそ日本の9条、平和憲法を取り入れるべきだ

現在はまだ日本はそれを守っている

それが変わるのを反対するなら、その対象となる国の憲法を変える努力をするべきだ
いつまで日本が100%悪いという立場にいなければならないのか

その極端な考えが今の日本の右傾化?に繋がっているのに気が付かないのか
(もともと左だったのが、真ん中になる過程)
どこまでいっても日本が悪いというのは、日本が負けたから
それは歴史的にもしょうがない部分がある
でも、今、日本人はそれに怒っている
近代化が進んでこれからの人類が平和に生きられるのかどうかと言う時に
敗者の歴史
これでは世界は平和になれない



« (Previous News)



コメントを残す